« エリザベス、声はともかく中身も山田孝之 | トップページ | エアコンガス補充 »

2017年7月15日 (土)

誇り高き靴職人

今日は
履いていた厚底サンダルのソールが
ベロリと剥がれてしまった。
パカパカして危ないから
きし麺やフィットチーネくらいの
太い輪ゴムでくるりと
留めて応急処置をした。

会社近くに
ミスターミットを探したがない。
自宅の駅前のスーパーマーケットの
入口付近に
修理屋さんがあったの思い出した。

職場から自宅最寄り駅まで、
輪ゴムが擦り切れないように
そっとそっと歩いてきた。

お腹の出っ張った
おっちゃんが暇そうに
汗を拭きながら
2台の扇風機が回る狭い小屋の中で
雑誌のクロスワードパズルをやっていた。

年頃は70歳前後。
靴職人って感じのおっちゃんだった。

西日がちょうど当たる店舗。
滝のような汗を拭きながら
私はおっちゃんに尋ねた。

すみませ〜ん。おじさん、
今履いてる靴なんだけど
これね〜。
ベロリンと剥がれてしまったんです。
パカパカしちゃってるの
すぐに直せますか〜?

あー、こりゃ
ボンドで貼り付けただけじゃダメだよ。
内側から釘打たないと。。。

今日すぐにできますか?
いくらぐらいかかります?

10分くらいかな。
1000円くらい。

お願いします!

やったすぐに直してもらえる。

しかし、釘を打つって?

このサンダル、素足で履くのに
釘打って大丈夫か〜!?
と少し心配になったけど

まあ、いっかと思い
おっちゃんに任せた。

なにせ猛暑の西日が当たりまくる小屋だから、
じっと待ってるのもツライ。
汗が止めどなく流れる。

その間、おっちゃんは
いろいろと私に話かけてくる。

今日だけで
あんたみたいにソールが剥がれたの
5件目だよ。
最近の靴はダメだねぇ。
買ってすぐに靴底が剥がれたと言って
修理に来た人もいたよ。

すぐにダメになっちまうような
靴を売るんだよね、最近は。
戒めのためにも
買った靴屋に持っていけばいいんだよ。
こんなすぐダメになるような靴を
売るのか!?って。
どうせ修理は只だろう?

話は続く。
私は汗が止まらない。

おっちゃんはきっと
腕のいい靴職人なのだろう。

ほら、前に関西で大地震が
あっただろう。

阪神淡路大震災ですか?

そうそう。
地震で全滅したあたり
あそこは靴工場が
たくさんあった所なんだよ。
大地震でダメになっちまって、
日本製のいい靴が
流通しなくなったんだよ。
今はほとんど外国製だろう?
ろくな靴がないんだよ。

私は適当に相槌をうちながら、
もう出来るかな?
そろそろかな?と
おっちゃんの手元を見ていた。

本当に10分もかからずに仕上がった。
カウンターらしきカウンター?に
ドスンと私の靴が置かれた。

おじさん、もう出来たんですか?
早い〜。すごい!
ぜんぜん釘見えないですね。
おじさん、ありがとうございます!

ほら、これ、この長い釘
3本も打ち込んだからね。

仕上がりを見て
私は少しホッとした。
かかとに当たる部分に釘を
打ったはずなのに
本当に釘なんて見えない。


本当に助かりました!
ありがとう、おじさん!
おいくらですか?

あー、600円でいいよ。

やった〜!
ミスターミットより全然安いじゃん。
ミスターミットだと
たぶん1500円〜くらいからじゃないかしら。

半額以下で済んだ。

私、最後にもう一度
おじさん、どうもありがとう!

今度、靴買った時は
レシートちゃんととっておくんだよ。
買ったところに修理出せば只なんだから。
靴店にとってもそうしたほうが、
品質が良くなるだろう。

そうだよねー。そうだよね。

おっちゃんは
これからの日本の靴を心配している。

おっちゃんが修理してくれたサンダルを
履いたら、
とても気持ちが良かった。

« エリザベス、声はともかく中身も山田孝之 | トップページ | エアコンガス補充 »